月賦を理由に離れたくない!結婚前に月賦を返済する必要がある5つのポイント

結婚前に、目標が借入れをしたことが判明したら戦場になります。離れたくない!って呼ぶ前に借入れは出金しておかなければなりません。その理由としていくつか挙げられますが、一門は借りた本人が亡くなってしまうとその出金責任は嫁さんが負うことになってしまうからです。多額の借入れを有する通り死なれるって、その取り立ては嫁さんに向かいます。これが最高峰陳腐な状況です。2つ目に、わが家融資などが組めずに垣根が出てしまう会社。融資を組みたいならまず旦那が借りたお金を返してくださいって銀行などが主張するのは当然です。そんなふうに上る前に出金ください。3つ目にはクレジットカードが作れない会社。これも2つ目って理由は必ずしも変わりません。4つ眼はビジョンの歪曲です。この人というこの家族を築きたいって思ってるのに借入れの判明で設計に歪曲が生じます。自分のためはないもので振り回されるのはマジ悲劇です。最後の5つ眼は、誠意です。結婚前に言わなかった会社、結婚した後に困り切って言った会社、離れたくないからともっと偽装を突き通していたことなど、結局は誠意をそこからは感じなくなります。結婚前であっても誠意をもって言えば目標はわかって頂ける。出金を断ち切るのはいずれ所帯になる目標に関する作法です。

▲ページトップに戻る