1. TOP
  2. ブラックリストに登録された場合の対処方法

ブラックリストに登録された場合の対処方法

ブラックリスト

ブラックリストとは?

ブラックリストとは、クレジットカードや携帯電話などの返済が滞った場合や破産などが行った場合に、その情報を金融機関の個人信用情報に登録されている状態のことを指します。

信頼できない人リストのようなブラックリストが存在するわけではありませんが、個人ごとに支払い状況などの金融の信頼に関わる情報が管理されており、その管理情報に支払いの遅延や破産などの事故をおこした事実が登録され、そのような状態をブラックリストにのると言われます。
 
 

ブラックリストにのると不利益になることは何か

ブラックリストにのると、返済能力に不安があり、信用できない人とみなされます。

そうなると、クレジットカードの審査に落ちて新たにクレジットカードが発行できなかったり、家や車を購入する際のローンを組むことができなくなります。

特に家などの不動産については、ローンを組んで購入するのが一般的です。
しかしながら、ブラックリストに載っているとローンの審査に落ちるため、現金一括支払いでないと家を購入することはできません。

ブラックリストに乗る理由
 
 

ブラックリストに乗る理由について

金融機関の個人信用情報に登録されているのは、クレジットカードの支払いや携帯電話などの使用料金などの支払い履歴です。

遅延なく支払った事実も、遅延して支払った事実も履歴として残ります。
その中でも
“ブラックリストにのった”として扱われるのは、以下の通りです。
 

  1. 返済日より61日以上、または3ヶ月以上の支払い遅延があり、異動扱いとなった。
  2. 返済ができなくなり、保証契約における保証履行がおこなわれた。
  3. 自己破産や任意整理、個人再生など何らかの法的な債務整理を行った。

 
 

ブラックリストに乗ったらどうなるか

ブラックリストにのると、先ほど述べたクレジットカードが作れない、ローンが組めないなどの不利益が生じます。
ブラックリストにのった状態となる期間が決められており、各情報は以下の通りです。
 

  1. 申込情報で、クレジットカードやローンの新規申し込みを行った際に記録される情報です。
    新規申込にあたり、申込者の支払能力を調査するため、信用機関の加盟会員が個人の信用情報を参照した事実が記載されます。
    この情報は、個人情報を照会した日より6ヶ月間記載されます。
  2. クレジット情報で、クレジットカードや携帯電話会社と締結した契約内容や、支払いの状況を表す情報を意味します。
    契約期間中および契約終了後5年以内記録されます。
    ただし、契約中に関しては、支払い状況の履歴は2年間分のみ記録されています。
  3. 利用記録で、クレジットカードやローンの利用途上において、利用者の支払能力を調査するため、信用機関の加盟会員が個人の信用情報を参照した事実のことを意味します。
    この情報は、個人情報を照会した日より6ヶ月間記載されます。

ブラックリストに乗ったらどうなるか
 
 

ブラックリストに載っているかを調べる方法について

自分がブラックリストにのっているかを確認するには、信用情報開示制度を利用することで確認できます。
個人の信用情報の開示請求は、郵送もしくはインターネット上からの申し込みで行うことができます。

個人の信用情報を扱っている、代表的な信用機関は以下の通りです。
 

    1)全国銀行個人信用情報センター(KSC)
    2)株式会社シー・アイ・シー(CIC)
    3)株式会社日本信用情報機構

レジットカードを新規で作成したい場合、申込時にクレジットカード会社が信用情報として参照しているのは、2)株式会社シー・アイ・シー(CIC)の信用情報のみである場合が多いです。

クレジットカードの申込をするとその申込履歴も6ヶ月は残りますので、無駄に申込審査に落ちる前に、事前に信用情報の開示を行ってブラックリストに載っていないか、支払いが遅延していないかを確認してもよいでしょう。
 
 

登録された場合の対処法について

ブラックリストに載ってしまった場合、新たにクレジットカードやローンの申込ができなくなってしまいます。
対処法としては、ブラックリストの登録情報が消えるまで待つか、申込審査の厳しくない別のクレジットカード会社や金融機関への申し込みを試してみてもよいでしょう。
 
ブラックリストを消す方法
 
 

ブラックリストを消す方法

ブラックリストにのったという情報を個人で消すことはできません。

ただし、ブラックリストとして掲載されている期間(5年〜10年)は決まっておりますので、掲載終了の期間まで待つ必要があります。
個人の信用情報を開示すれば、各情報がいつまで保持される情報なのかという記載もあります。
 
 

まとめ

クレジットカードの支払遅延や法的な債務整理をしてしまうと、信用できない人としてみなされてしまいます。
結婚などの人生の一大イベントがある際、家や車の購入など大きな買い物をしなくてはならい状況もでてくるでしょう。
そんな時に、過去の失敗でローンが組めなければ、家や車の購入を諦めざるをえない状況も出てきます。
みなさん、各種支払いについては情報が残り続けるので、怠らないようにしましょう
 
 

もし借金返済に困っているのであれば、まずは、周りの人に内緒で無料シミュレーターで問題解決可能か確認してみましょう。
悩んでいても問題解決にはなりません。
街角法律相談所
>> 無料シミュレーターはこちら <<

 
【弁護士事務所ならイストワール法律事務所】
弁護士は一般的に破産を勧めてきます。
しかし、債務者を取り巻く状況は様々であり、破産を避けたほうがよいケースもあります。
イストワール法律事務所はご依頼者様の債務の状況などをお聞きし、最適な債務整理方法をご提案してくれます。
また、弁護士が対応なので、訴訟になるようなケースでも安心してお願いできます。
【債務整理】イストワール法律事務所