1. TOP
  2. 借金で家族に迷惑をかけないために

借金で家族に迷惑をかけないために

借金で家族に迷惑

家や車などを手に入れるならば、借金なしで生活することは難しいでしょう。
でも安定した収入があり、上手くやりくりすれば大抵の場合なんとかなります。

でも、収入に見合わない買い物をしたり、リストラなどで職を失ったとき返済負担に押しつぶされることもあります。

借金であって欲しくはない万が一が起きたとき、自分だけでなく家族に迷惑がかってしまうことは想定しておくべきことです。

ではどのようなことが起きるのかひとつひとつ見ていきましょう。

借金で家族に迷惑をかけないために

借金で家族に迷惑がかかってしまう例

家族が保証人の場合

家族が保証人である場合ですが、保証人は言うまでもなく借りた人が借金の返済ができなかったと代わりに返済をするということになります。

普通の保証人と連帯保証人がありますが、特に気をつけなければいけないのは連帯保証人です。

債権者が保証人に対して代わりに返済して欲しいと言ってきたとき、ただの保証人は借りた人に請求をして欲しいと主張することができますが、連帯保証人はそのようなことを言うことは出来ず言われるままに返済をしなければいけません。

連帯保証人は非常に重い責任を追うことになるのです。とはいえ自分が返せなかったときには、そのツケが家族に回ってくることを考えれば、自己破産をして取り立てから逃れるなんてことは出来るはずがありません。

クレジットカードの審査が通らない

クレジットカードの審査ですが、借金が返せなくなったときには金融事故として個人信用情報に記録が残ってしまいます。
金融事故が記録に残ればその後はクレジットカードやローンの審査に通らなくなることは知られています。

では、家族の借金であるときはどうなのかというと、基本的に申し込んだ人の個人信用情報が照会されるので、その影響は少ないです。

ただ、同じクレジットカード会社に申し込むには、そのことが社内の記録として残ってしまうので、審査に通りにくくなる事は考えられます。

子供の転校

子供の転校ですが、住宅ローンが支払えなくなったり、借金の返済のために家を売るとなれば、他の場所に引っ越すことになります。

転勤などとは違い堂々と引っ越しはすることは難しいでしょう。
子供としては慣れ親しんだ学校を離れ友達と別れることになりますし、最後のあいさつもろくに出来ないままに余所の土地へといかなければいけなくなります。

差し押さえ

差し押さえは、返すお金がないといつまでも渋っていると債権者が裁判を起こして家や給料の差し押さえをすることもあります。それが認められてしまうと、住む家やお金を失うことになり、生活に大きな支障をきたすことになります。当然家族も今までのような暮らしができなくなるかもしれません。

もし借金返済に困っているのであれば、まずは、周りの人に内緒で無料シミュレーターで問題解決可能か確認してみましょう。
悩んでいても問題解決にはなりません。
街角法律相談所
>> 無料シミュレーターはこちら <<

 
【弁護士事務所ならイストワール法律事務所】
弁護士は一般的に破産を勧めてきます。
しかし、債務者を取り巻く状況は様々であり、破産を避けたほうがよいケースもあります。
イストワール法律事務所はご依頼者様の債務の状況などをお聞きし、最適な債務整理方法をご提案してくれます。
また、弁護士が対応なので、訴訟になるようなケースでも安心してお願いできます。
【債務整理】イストワール法律事務所
借金で家族に迷惑をかけないためにできること

自己破産 相続放棄 個人再生

自己破産

借金に困っている人がとる最後の手段といえるのが自己破産です。
自己破産をすると借金がすべて帳消しになります。
借金を返せない場合には早めに自己破産をしてしまったほうが自分はもちろん家族のためにもなります。

相続放棄

借金は相続の対象なので、親や子供が知らずに借金を相続してしまったら大変です。相続放棄は3か月以内に家庭裁判所に届け出をしなければならないので借金がある人はあらかじめ相続人に伝えておき、必要に応じて相続放棄の準備をさせるようにしましょう。

任意整理

任意整理をしても借金は残りますが、利息と遅延損害金をゼロにすることが可能。家族を完全に借金の不安から解放してあげることはできませんが、毎月の返済がいくらか楽になります。また、デメリットが小さいということも任意整理が人気がある理由の1つ。

個人再生

個人再生は自己破産と任意整理の中間のような手続きです。マイホームを失いたくない人は自己破産よりも任意整理を選ぶことがおすすめです。住宅ローンをそのまま返していくことが条件ですが、マイホームを失わずにすみます。

債務整理

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産などがあります。債務整理のうちいずれの方法をとるか迷ったら弁護士や司法書士に無料相談をしてみましょう。どの方法にもメリットとデメリットがあるのでよく比較をして自分にあった方法を選ぶことが重要です。

家族が保証人

家族が保証人になっている場合に債務整理をするときには注意です。債務整理をして免除された分の借金は保証人の家族へと請求がいくことになります。家族ともよく話し合って理解を得ておきましょう。

クレジットカード の審査

債務整理をするとクレジットカードの審査にはしばらく通らなくなります。また、すでに契約しているクレジットカードも債務整理をしたということがバレたら利用停止になるかもしれません。カード会社にもよりますが、半年に一回くらいは信用調査をしているそうです。

子供の転校

私立学校に通っている人は借金が原因で子供を転校させなければならないこともあります。転校する子供は精神的にも不安を抱えているのでできるだけ気を使ってあげましょう。

保証人も自己破産手続き

借金に保証人がついている場合には、自己破産をすると保証人も自己破産などの債務整理をすることになる可能性があります。残高の請求は一括で保証人にいくので、必ず伝えておくべきです。

差し押さえ

借金を返済できなくなって裁判を起こされたら、銀行口座や給料を差し押さえられます。
土地や家などの資産がある場合にはそれも差し押さえられるかもしれません。

関連記事
借金返済のために精一杯、簡単にお金を稼ぐ方法はあるか?