1. TOP
  2. 借金を一本化する方がメリットが大きい理由

借金を一本化する方がメリットが大きい理由

借金一本化

毎月借り入れの返済で生活が苦しく、消費者金融や銀行など複数の借入先からお金を借りている場合、これらをまとめることで少しでも毎月の返済額を減らせるというケースがあるといわれています。

これらの借り入れ金をまとめることができれば金利の負担も少なくなる場合もあるのです。

返済に困っているという場合には、おまとめローンへの借り換えも一つといえます。

借金を一本化 おまとめローン

おまとめローンとは

おまとめローンとは、複数の借り入れを一つにまとめて一本化するという方法になります。
複数の借り入れがあるという場合には、借り変えて一つにまとめることで金利負担が変わってきて、毎月の返済額を少しでも減らすことができる場合があるのです。

このようなローンは、2010年に行われた貸金業法の改正がきっかけといえます。
この貸金業法の改正によって、総量規制という仕組みが取り入れられました。

これは複数の借入先からお金を借り入れている多重債務者を保護する目的でつくられたもので、消費者金融や信販会社が対象となっており、これらの貸金業者は債務者の年収の3分の1以上の融資をすることが禁止されるといったルールができたのです。

複数の借り入れをまとめることで、より低い利息にする

この仕組みは多重債務者を保護するという目的がありますが、複数の貸金業者からの借り入れがあるという場合には、返済するために借り入れをしたくてもできないという状態になってしまったのです。

ただし、この総量規制は銀行は対象外となっています。
また、顧客側にとって、一方的に有利な借り換えとなるなら、総量規制は適用されず、年収の3分の1以上を超えた融資を行うことができるということになっているのです。

つまり、年収の3分の1を超えた借り入れをしている場合でも、おまとめローンなら融資をしてもらうことができる

ということになったのです。

このローンは、複数の借り入れがある場合に借り入れを一本化することができます。
一般的に、金利は借入額が大きくなるほど低く設定される傾向があるのです。
そのため、複数の借り入れをまとめることで、より低い利息にするということができるといえます。

関連記事
メンタル面を考える:借金返済のコツ

メリットとデメリット

<複数の貸金会社から借り入れをしている場合>
また、複数の貸金会社から借り入れをしている場合、毎月返済期限が来るということになります。
融資先の数だけ、返済期限があるということになり、いつも返済に追われるという状態になっているといえます。

そうなると計画的に返済プランを立てるということも難しくなってしまうといったデメリットもあります。
借り入れを1本化することで、毎月何回もあった返済日がたった一日になるということになり、返済計画もより立てやすくなるのです。

<複数のローンをまとめた場合>
このように、複数のローンをまとめるということには金利面や返済計画という点でメリットがあります。
しかし、複数の借り入れをまとめるローンは、上手に活用しなければ損をしてしまうというリスクもあるといわれています。
そのため、複数の借り入れをしているという場合には、借り入れをまとめる際にはリスクに注意をしておくことが大切です。

複数の借り入れを一つにまとめるという場合、現在の金利よりもできるだけ低い金利で借り換えられるところから借りるということがポイントです。

金利面でメリットが大きいのが銀行

金利面でメリットが大きいのが銀行です。
銀行のおまとめローンは消費者金融などから提供されている融資よりも金利面でメリットが大きいのですが、例えば銀行に融資を申し込んだとして、借り入れができなければ現状の改善にはつながりにくくなるといえます。

そのため、より低い金利のところから融資を受けられるかどうかという点は大きいのです。
もしも借りることができず、より金利の高い融資先を選んだ場合、まとめるといったメリットがないという場合もあるのです。
そのため、金利ということはリスクともいえます。

返済計画はプロに任せた方が安心

また、返済計画という点でもリスクがあるといえます。
債務者が複数の借入先から借り入れを行うに至った経緯などもあり、返済計画についてはなかなか一人で立てにくいということがあるかもしれません。

そのため、返済計画については、できるだけプロに依頼して立ててもらうという方がよりよい結果につながりやすいといえます。

素人が自身で借り入れを一本化するということになると、これらのリスクなどがあるといえるのです。
そのため、この点については始めからプロに相談しておく方がよりよい返済計画を立てて返済を行うことができる場合が多いといわれているのです。

借り入れを重ねていったこれまでのプロセスなどから、一人で返済計画を立てるということになると、返済計画が計画通りに進まないという場合や適切な返済計画が立てられないといったことになる場合もあるのです。

できるだけ早く借り入れをしたお金を返して、安心することができるためにも、複数の借入があって、毎月返済で苦しいという場合にはプロに相談してみるのも一つなのです。