1. TOP
  2. 借金返済で毎月の返済額を少なくするには

借金返済で毎月の返済額を少なくするには

返済額を少なくする

借金をした場合には、確実に返済するように計画を立てなければなりません。

計画を立てない人は運よく返済できたかもしれませんが、少し歯車が狂ってしまうと一気に返済が不可能になり債務整理などをしなければならなくなります。

いちど債務整理をしてしまうと、金銭的な信頼が失われてしまうためしばらくお金を借りることができなくなるでしょう。

どれぐらいの期間借りることができなくなるかと言えば、債務整理の内容によって異なってきますが、大抵の場合は7年から10年位の借り入れをすることができなくなるでしょう。

このように考えれば、計画的な借り入れが非常に大事なことが理解できるはずです。

借金返済

返済方法の見直しが重要

まず1つ目は、返済方法の見直しになります。

返済方法の見直しとは、例えば毎月返済していたものを2か月に1度の返済に変える方法です。
これにより、ずいぶんと助かる人も出てくるかもしれません。

もちろん同じ金額だけ返済することには変わりがありませんが、場合によっては早めに返済することで利息の負担を減らすことも可能になります。

具体的には、今まで35年で返済する計画を立てているとすれば、これからは20年で返済する計画にし直した場合は余分に金利を支払わなくてよくなるわけです。

当然ながら、まとめて返済をしなければならない時期もあるでしょう。
繰越返済と言われるものがこれにあたりますが、手数料は取られるもののその分だけ負担が減少すると考えて良いです。
ただしこれは金銭的な余裕があった場合に限られます。

返済方法の変更も考えておきましょう

次に返済方法の変更として考えられるのは、金利の変更などをでしょう。

例えば固定金利で今までやってきた人が途中で変動金利に変えることにすれば金銭的な負担が少なくなります。
逆に変動金利型人が固定金利に変更することも可能になるわけです。

いずれにしても審査がありますので、金銭的にある程度余裕があることが重要になります。
ぎりぎり返済している場合にはこの方法が使えない可能性が高いでしょう。

元利均等返済

元利均等返済

元利均等返済を頭にいておくべきです。
この返済方法は、利息も均等に返済してい方法にあります。
これが逆の方法が、元金均等返済と呼ばれるものになるわけです。]

ローンをまとめることも大事

複数のローンがある場合には、ローンをまとめることで金銭的な負担を少なくすることが可能になります。

法律では、¥1000000未満のお金を借りる場合と¥1000000以上のお金を借りる場合では金利が違うと定められています。

当然ながら、大きいお金を借りる場合は金利が少なく設定されるわけです。
もし100万円以上のお金を借りる場合でもいくつかに分割してある場合はそれを統一した方が金利が少なくなることをしておきましょう。

関連記事
借金を一本化する方がメリットが大きい理由

銀行系は金利が安い

金利の安い銀行系を利用してみましょう。
カードローンや消費者金融で借りたキャッシングの場合には、金利の安い銀行に変更することも可能になります。

この時には、回遊するときよりも若干厳しい審査がありますのでその点のことをよく理解しておく必要があるでしょう。

返済総額

返済総額も重要になります。
上記のように、銀行を変更したり金融機関を変更することによって返済総額が異なってくる可能性が高いです。

少ない金額ならそれほど違いはありませんが、ある程度大きな金額になると数万円単位で返済金額が変わってくるわけです。

プロに相談

プロに相談ロに相談することも大事になるでしょう。

このように説明した方法のほとんどは、素人が勝手な判断で行うのはなかなか難しいものが考えられるでしょう。
このような場合にはプロに相談することでより明確な提案をしてくれ、問題解決に近づく可能性が高くなります。

もちろんプロといっても、弁護士などになりますが専門的な分野に強い人でなければなりません。

弁護士といっても、離婚の慰謝料請求や交通事故の慰謝料請求あるいは企業法務などを行っている人もいますがやはり借金の解決に尽力を尽くしている人を選ぶべきです。

もし借金返済に困っているのであれば、まずは、周りの人に内緒で無料シミュレーターで問題解決可能か確認してみましょう。
悩んでいても問題解決にはなりません。
街角法律相談所
>> 無料シミュレーターはこちら <<

 
【弁護士事務所ならイストワール法律事務所】
弁護士は一般的に破産を勧めてきます。
しかし、債務者を取り巻く状況は様々であり、破産を避けたほうがよいケースもあります。
イストワール法律事務所はご依頼者様の債務の状況などをお聞きし、最適な債務整理方法をご提案してくれます。
また、弁護士が対応なので、訴訟になるようなケースでも安心してお願いできます。
【債務整理】イストワール法律事務所
繰り上げ返済

繰り上げ返済では、繰り上げ返済をすることも重要ですが、繰り上げ返済をする場合にはもっともっとお金を用意したければなりません。

住宅ローンなどではよく利用される手法ですが、わざわざ金利が安い時に利用する必要はありません。
特に固定金利の場合は繰り上げ返済することによって損をする可能性もあります。

利息軽減効果

利息軽減効果としては以下のようなものがあるわけです。

繰り上げ返済は、利息軽減効果があるとして有名になっています。繰り上げる分だけ長期的に利息が発生しにくいことになりますので、当然その分だけ支払いをしなくても済むわけです。

ただ、どの項目を見ても大抵は利息を減らすための手法になります。元本自体を減らすことは基本的にはできませんがやはり減らせるものは利息になるのでところです。

もし元本を減らすならば、債務整理の個人再生などを行う必要があります。もちろん一度個人再生を行ってしまうと、ブラックリストに名前が載ってしまいますのでほど先のこともよく考えて行動しましょう。